よく考えて!銀行の「おまとめローン」

「複数のお借入を一本化しませんか?」

このような銀行の広告を見たことがあると思います。これを一般的に「おまとめローン」と言っています。

銀行のおまとめローンは、複数の借金を一本化することによって、金利が下がったり、業者ごとに違う返済日を一つにまとめたりすることができ、管理しやすくなるというメリットがあります。

 しかしながら、一方で、銀行のおまとめローンには大きな危険を伴うこともあります。以前のコラムで総量規制のお話をさせていただきましたが、銀行は総量規制の対象外というルールです(「総量規制と銀行カードローン」)。

例えば、年収360万円の方が現在、複数の消費者金融から合計120万円を超えて借金をしているとします。この方は新たに消費者金融から借金をすることはできません。

しかしその後、120万円を銀行のおまとめローンで一本化すると、総量規制の対象外となり、再び消費者金融から借金をすることができるようになります。

結果的におまとめローンをする前よりも借金が膨れ上がってしまったという事態が起きうるのです。

最近自己破産を申し立てる方の中には、この銀行のおまとめローンを支払えなくなったという方が非常に多いのが特徴です。

 

 このようにおまとめローンにも危険が伴います。おまとめローンを検討している方は十分リスクを考えて判断して下さい。

 

ページの上部へ戻る