アイフルの過払金請求 2017年最新情報

アイフルは過去に深刻な経営危機に陥っていましたが、平成21年に事業再生ADRを利用して経営再建をする方針を発表してから、平成26年には無事に終了しましたので、以前のような破たんの危機は脱したといえるでしょう。最近では有名芸人を起用したCMもやっています。

 

さて、アイフルに受任通知を出すと、およそ1か月程度で取引履歴を開示してきます。

取引履歴の計算をして過払金を請求すると、初回は過払い元金の約20~30%程度の提示をしてきます。交渉を重ねても50%以上の過払金を回収することはこの1年間で徐々に困難になってきています。

訴訟提起をしても、60~70%の提案しかしてこず、勝訴判決が出されても、時間引き延ばしのための控訴をしてくるという争い様ですので、回収までの時間がかかる傾向にあります。

以前は、過払い金を月1回の10分割で返還するという話を持ち掛けてきていましたが、最近はとくにそのような話は聞かれませんので、経営危機はひとまず安心してよいかと思いますが、過払い金請求は急ぐ必要があります。

 

過払金は刻々と時効を迎えています。「あと1年早く請求していたらお金が戻ってきたのに・・・」というケースが増えていますので、まずはお気軽に当事務所の無料調査をお申し込みください

 

ページの上部へ戻る