オリコの過払金請求 2017年最新情報

オリエントコーポレーション(オリコ)は信販会社大手ですので経営状態は現在問題ありません。オリコは、キャッシングのみならず、ショッピングはもちろん、カーローン(車のローン)や賃貸の家賃保証など、手広く事業をしています。

 

オリコに受任通知を出すと、およそ1か月程度で取引履歴を開示してきます。

取引履歴の計算をして過払金を請求すると、過払い元金の約90~100%程度の提示をしてきます。したがって、訴訟提起まで行かずに、任意交渉で話がまとまることが多いといえるでしょう。

しかし、オリコは平成7年以前の取引履歴は返済の履歴しか出てこず、推定計算が必要になってきます。その場合、金額に争いが出て、訴訟になることもしばしばです。

 

さて、オリコは最初に書いたように、様々な商品を出していますので、キャッシングは終わっているが車のローンをオリコで組んでいるという方も多いかと思います。その場合、漫然と過払い金請求をすると、他のカードや最悪自動車引き上げ等といった影響が出る可能性があるため、ご自身で過払金を請求することはお勧めしません。専門家に依頼することを強くお勧めします。また、オリコはみずほ銀行カードローンの保証会社になっているため、この点にも注意を払いつつ過払い金請求をする必要があります。

 

過払金は刻々と時効を迎えています。「あと1年早く請求していたらお金が戻ってきたのに・・・」というケースが増えていますので、まずはお気軽に当事務所の無料調査をお申し込みください。

 

ページの上部へ戻る