突然、「訪問予告」、「訴訟予告」通知が届いた方へ

1 相手に連絡するのはまだ待ってください!

突然届いた封書を開封し、「訪問予告通知」、「自宅訪問」、「訴訟予告通知」の文字を見るだけで不安だと思いますが、相手方に連絡するのはまだ待ってください!

実は、その借金、支払いをしなくてよい可能性が高いのです!

では、これからどう対処すべきかについて、とても大切な話になるので、必ず最後まで読んでください。

 

2 封書に書かれた「訪問予告」、「訪問連絡」、「訴訟予告」の文字。本当に訪問はあるの?

突然、「訪問予告」、「自宅訪問」、「訴訟予告通知」といった封書が届くと大変驚くと同時に不安になるでしょう。

封書の中には、確かに自分が昔借金をした時の業者の名前が書かれているが、もうずっと支払いをしていないし、いつ借りたのかも覚えていない・・・という方が多いのではないでしょうか。

当事務所に相談される方も、「ずっと気にはなっていたものの、だいぶ昔のことだし、しばらく連絡も来ていなかったので・・・」とおっしゃる方が大半です。

しばらく連絡が来ていなかったにも関わらず、急に、「訪問予告」「訴訟予告」といった文字に不安で焦ってしてしまう気持ちはよくわかります。

 

本当に訪問してくるのか?」と考えると不安と恐怖感がよぎると思います。

しかしながら、実際に、訪問してくる可能性は十分ありますし、当事務所の相談でも、たまたま留守の間に実際に訪問されて、「不在通知」が入っていたというご相談もあります。

 

実際に届いたアウロラ債権回収株式会社の「訪問予告」の通知

アウロラ債権回収の訪問予告通知

実際に届いた株式会社ティーアンドエスの「訪問に関する御連絡」の通知

実際に届いたエムテーケー債権管理回収株式会社の「訴訟予告」の通知 

エムテーケー債権管理回収株式会社の「訴訟予告」

 

3 無視し続けるとどうなるのか?

「訪問予告通知」や「訴訟予告通知」を受け取ってもなお無視するとどうなるのか気になるところだとは思います。

当事務所の追跡では、その後、遠からず裁判を起こされているケースが大半です。

裁判を起こされれば、裁判所に出頭しなければならず、それこそ、今度こそ無視をすれば相手の言い分がそのまま裁判で認められてしまい、最悪のケースでは、給与の差押など強制執行をされる危険性が高まってしまいます。

また、裁判所からの通知によって、隠していた過去の借金が家族にバレてしまうキッカケになる可能性もあります。

 

そこで、当事務所からのご提案です。

「訪問通知」「訴訟予告通知」を受けとったこのタイミングで、解決しませんか?

実際に裁判を起こされる前の段階ですので、今であれば早期解決も可能です。

 

ただし、業者に連絡するのはまだ待ってください! 解決法を次にお伝えします。

 

4 その借金、もう時効ではありませんか?

「訪問予告」や「訴訟予告」の文字に不安なってしまっていると思いますが、その借金、10年前、20年前のものではありませんか?

それを、途中から請求が来なくなったため、支払わなくなってしまったのではないでしょうか?

また、支払うつもりであったものの、当時の生活が苦しく、やむを得ず支払いをせずに時間が過ぎてしまったのではないでしょうか?

 

実は、返済すべき借金やローンが残っていようとも、最後の返済から原則5年を経過していると、「時効」が成立し、支払う必要がないことをご存じでしょうか?

これを法律用語で「消滅時効」と呼んでいます。(民法第166条)

 

「訪問予告通知」、「訴訟予告通知」の書類の中身をもう一度確認してください!

通知書の中に、「弁済期」、「支払いの催告に係る債権の弁済期」、「次回支払日」、「最終弁済日」といった記載は見あたりませんか?

それが、今から5年以前の日であれば、時効にかかっている可能性が非常に高いといえます。

すなわち、もう支払う必要がない借金ということになります。

 

では何をすべきか?

しかし、自動的に時効で借金が消えるわけではありませんので注意が必要です。

時効を利用するためには、業者に対して「時効利用の意思表示」(民法第145条)、具体的には、業者に対して内容証明郵便での「時効援用通知」を発送する必要がります。

また、その前提として、やってはいけないことがあります。次にその説明をいたします。

 

5 時効制度を利用するために、絶対やってはいけない2つのこと

以下は、時効制度を利用して借金を消滅させるために、絶対やってはいけないことの説明になります。とても大事なことですが、誰も教えてくれずに、多くの方がここで失敗しています。

 

①安易に業者に電話連絡をしてはいけません!

今回手元にある封書、中身の書類の中には、業者の電話番号も書かれています。

そこで、焦って業者に電話をかけると、ほぼ確実に、分割で支払う約束をしていただけるなら、訪問はやめますので安心ください」といった旨の提案がなされます。

そこで、安易に分割の約束をしてしまうと、この時効制度が使えなくってしまいます!!

 

分割の約束は、「支払をする意思表示」に当たるため、「支払いません!」という時効と矛盾する行動ですから、時効の利益を放棄したと見なされてしまうためです。

業者の電話は会話が全て録音されていると思ってください。

 

②訪問の際に直接話すのは危険!

この際だから、実際に訪問に来た際に、直接自分で業者に伝えようという方がまれにいますが、お勧めしません。

相手は債権回収のプロです。どうにかして時効を阻止しようと狙ってきます。対応を間違えることによって時効が利用できなくなる危険性があります。

 

このように、借金の存在や、支払い義務を認める発言や行動をしないことが重要です。

「最後に返済した時から5年は過ぎているな」と思う時には、時効が成立している可能性が高いということを意識して、慌てないでください。

 

6 司法書士があなたに代わり対応します

司法書士があなたに代わり対応します時効の可能性があると思った場合でも、対応を一歩間違うと借金が残ってしまうなど、予期せぬ不利益が発生する可能性があります。

 

そのような時には、もう司法書士に全て対応を丸投げしてしまうのがお勧めです。

司法書士は、依頼者に代わって、業者と直接やりとりをして、時効の主張をしていきます。

また、仮に、業者が裁判を起こしてきた場合には、簡易裁判所のやり取りなど全て代理をして、決められた期日にあなたに代わって出頭することが可能です。

 

さらに、司法書士が依頼を受けて業者に通知を送ると、その時点で、業者はお客様に直接連絡をすることができなくなり、郵送物や電話などはすべて当事務所に届くことになります。

 

7 最近、相談対応が増加している業者

当事務所で最近相談が増えている時効の例です。下記の業者は特に時効に該当する可能性も高いので一度ご相談ください。

 

1 エム・テー・ケー債権管理回収株式会社から封書が来た方へ

エムテーケー(MTK)債権管理回収株式会社は法務大臣から許可を受けた債権回収専門の業者です。

 

もともと、CFJ合同会社(ディック・アイク・ユニマット)SFコーポレーション(三和ファイナンス)、ポケットカード、合同会社エムシーフォー、エムシースリーから借入をしていませんでしたか?

上記の業者から借入をして延滞することで、債権がエムテーケーに移っていき、エムテーケーから請求が来るケースが増えています。

(さらに、エムテーケーが弁護士法人高橋裕次郎事務所へ回収を委託するケースもあるようです。)

 

「訴訟予告通知」、「減額提案通知」、「分割弁済希望の方へ」、「貴殿債務残高確認書」といったタイトルの封書が届いた場合には、焦らずに、「弁済期」、「支払いの催告に係る債権の弁済期」、「次回支払日」、「最終弁済日」といった記載を見つけ、5年以上の前の日になっているか確認しましょう。時効の可能性があります。

 

実際に届いたエムテーケー債権管理回収株式会社の「訴訟予告」の通知

エムテーケー債権管理回収株式会社の「訴訟予告」

実際に届いたエムテーケー債権管理回収株式会社の「分割弁済希望の方へ」のタイトルの通知

 

2 株式会社ティー・アンド・エスから封書が来た方へ

株式会社ティーアンドエス(T&S)は東京都から許可を受けた消費者金融ですが、他の業者から債権を買い取り、その回収も行っています。

 

もともと、タイヘイアエル(旧日立信販)、日本プラム、ベルーナ、オリエント信販、CFJ合同会社(ディック・アイク・ユニマット)から借入をしていませんでしたか?

上記の業者から借入をして延滞することで、債権がティーアンドエス(T&S)へ移っていき、ティーアンドエスから請求が来るケースが増えています。

 

「訪問に関するご案内」、「和解提案のご案内」、「不在通知」、といったタイトルの封書が届いた場合には、焦らずに、「弁済期」、「支払いの催告に係る債権の弁済期」、「次回支払日」、「最終弁済日」といった記載を見つけ、5年以上の前の日になっているか確認しましょう。

時効の可能性があります。

 

実際に届いた株式会社ティーアンドエスの「訪問に関する御連絡」の通知

実際に届いた株式会社ティーアンドエスの「和解提案のご案内」の通知

実際に訪問がなされた後に届いた株式会社ティーアンドエスの「不在通知」

 

3 アウロラ債権回収株式会社から封書が来た方へ

アウロラ債権回収株式会社は法務大臣から許可を受けた債権回収専門の業者です。

 

もともと、CFJ合同会社(ディック・アイク・ユニマット)、SFコーポレーション(三和ファイナンス)、ジュピター合同会社、SKインベストメント、イオンクレジットサービスから借入をしていませんでしたか?

上記の業者から借入をして延滞することで、債権がアウロラ債権回収株式会社へ移っていき、アウロラ債権回収株式会社から請求が来るケースが増えています。

 

「訪問予告通知」、「訴訟予告通知」、といったタイトルの封書が届いた場合には、焦らずに、「弁済期」、「支払いの催告に係る債権の弁済期」、「次回支払日」、「最終弁済日」といった記載を見つけ、5年以上の前の日になっているか確認しましょう。時効の可能性があります。

 

実際に届いたアウロラ債権回収株式会社の「訪問予告」の通知

アウロラ債権回収の訪問予告通知

 

4 日本保証(旧ロプロ)・引田法律事務所から封書が来た方へ

引田法律事務所は業者から委託を受けて債権回収を行っている東京にある弁護士法人です。

 

もともと、武富士、日本保証(ロプロ)、CFJ合同会社(ディック・アイク・ユニマット)、SFコーポレーション(三和ファイナンス)、SKインベストメント、から借入をしていませんでしたか?

特に、武富士、日本保証から借入をして延滞することで、引田法律事務所が委託を受け、請求を行ってくるケースがあります。

また、アウロラ債権回収株式会社やパルティール債権回収株式会社から委託を受け引田法律事務所が請求をしてくるケースもあります。

 

「受任通知」、「催告書」といったタイトルの封書が届いた場合には、焦らずに、「弁済期」、「支払いの催告に係る債権の弁済期」、「次回支払日」、「最終弁済日」といった記載を見つけ、5年以上の前の日になっているか確認しましょう。時効の可能性があります。

 

実際に届いた引田法律事務所の「受任通知」

Gの画像 引田受任通知

 

5 エムズホールディング株式会社・(みずなら法律事務所)から封書が来た方へ

みずなら法律事務所は業者から委託を受けて債権回収を行っている札幌にある弁護士事務所です。

また、エムズホールディング株式会社も札幌に実在する会社で、業者から買い受けた債権の回収を行っています。

 

もともと、アプラス、CFJ合同会社(ディック・アイク・ユニマット)、武富士、プライメックスキャピタル(旧キャスコ)から借入をしていませんでしたか?

特に、アプラスから借入をして延滞することで、債権がエムズホールディング株式会社に移っていき、エムズホールディング株式会社が回収をみずなら法律事務所に委託し、委託を受けたみずなら法律事務所から請求がくるケースが多いです。

 

「通知書」、「催告書」、「受任通知書」、「法的措置予告及び和解提案」といったタイトルの封書が届いた場合には、焦らずに、「弁済期」、「支払いの催告に係る債権の弁済期」、「次回支払日」、「最終弁済日」といった記載を見つけ、5年以上の前の日になっているか確認しましょう。時効の可能性があります。

 

また、最近の当事務所の相談事例では、みずなら法律事務所から簡易裁判所へ支払督促の申立がなされ、「支払督促」が届くケースが増えている印象です。

 

実際にみずなら法律事務所から届いた「支払督促事件申立のお知らせ」

Hの画像 みずなら

支払督促が簡易裁判所から届いた場合には、受け取った日から2週間以内に「異議申立書」を簡易裁判所へ提出しなければ、不利益を受ける危険があります。

詳しくは、「突然簡易裁判所から訴状・支払督促が届いた方へ」の記事をご確認ください。

 

8 最後にお伝えしたいこと

ここまで読んでいただきありがとうございます。

当事務所では過去数々の時効の相談を受けておりますが、もう少し早く相談をしていただければなと悔やむ案件も少なからずあります。

 

もっとも多い失敗例としては、「訪問予告」の封書が届いたことで、気が動転してしまい、業者に連絡をしてしまったというものです。

少しずつでも支払っていくので、自宅に訪問だけは止めていただけませんか?」と言ってしまうケースが後を絶ちません。

業者からは、「本日中に1万円でいいので支払ってもらえれば、訪問は取りやめます。その後の支払いは減額などの相談に乗りますよ」と言われ、支払いもしてしまったというのです。

 

残念ながら、これだけで時効制度の利用はできなくなり、借金を消滅させることは不可能となってしまうのです。

時効制度は法律で認められている制度にも関わらず、多くの方が詳細を知りません。また、時効制度を知っていても、安易に業者に連絡をしてしまったことよって、時効が使えなくなるケースが多々あります。

「もっと早くに相談をすべきでした」と後悔する相談者も後を絶ちません。

 

確かに自分でした借金ですし、人に相談するのが後ろめたいという気持ちは分かります。

最初から支払うつもりもなく借金をしたとうい人はいません。当時は払いたくてもどうしても支払いができない苦しい事情があったのだと思います。突然のリストラや予期せぬ離婚や病気が原因の方もたくさんいました。

確かに、払えないからといって当然には支払わないことが正当化されるわけではありませんが、そういう方のために、この時効という制度は用意され、法律で規定されているのです。

 

もしかしたら、見て見ぬふりをしてここまで来てしまったのかもしれませんが、「訪問予告」、「訴訟予告」を受けたこのタイミングで、解決へと舵をきりませんか?

今このタイミングが、過去の精算をする良いチャンスだと思います。そのために、当事務所でお手伝いできることは全力でサポートしていくつもりです。

 

「電話やメールで相談したら、依頼をしないとけなくなるのでは?」と心配することはありません。「しつこい営業があるのでは?」と心配することもありません。

当事務所は強引な営業などは一切行っていません。なぜなら、私が逆の立場で強引に営業などをされたらとても嫌だからです。だから、自分が嫌なことはしないと決めています。

ですので、安心してご連絡ください。少しでもお役に立てることがあれば嬉しいです。

 

お問い合わせ・無料相談

 

ページの上部へ戻る