その借金、支払う必要ないかもしれません!

普通に平穏に生活しているところに、突然1通の督促状が届く・・・

「滞納金額100万円があります。至急下記までご連絡ください。ご連絡ない場合には法的手段をとります」

こんな督促状が突然届くと気が動転してしまいますね。

 よくよく当時のことを聞いてみると、「確かに10年前くらい前にキャッシングをしたが、支払うつもりはあったものの、途中から請求がこなかったのでつい支払わずにそのままになってしまって・・・」という方が圧倒的です。

しかし、その借金、支払う必要はないかもしれません! 

実は、返済すべき借金がいくら残っていようとも、最後の返済から5年を経過していると、「時効」が成立し、借金は支払う必要がなくなる可能性があります。

しかし、ここで大事な注意点が2点あります。

それは、その場で絶対に業者に電話をかけないことです。

電話は全て録音されているのです。

業者との会話の中で、借金の存在を認めるような発言をすると、その「時効」という制度が使えなくなってしまいます。

 また、絶対に支払いをしないことです。1円でも支払ってしまうと、やはり「時効」は使えなくなってしまいます。

業者はそれを知っていながら、「金額は考慮しますから、とりあえずまずは今日1000円だけでも振込んでください。そうしたら、特別に請求金額を減らしますから」とそそのかしてくるケースがよくあります。

 とにかく、最後返済した時から5年は過ぎているなと思う時には、時効が使える可能性が高いということを覚えておいてください。

突然支払い督促状が届いたという方は、自己判断せず、まずはお気軽にご相談ください。

具体的な時効主張の方法や細かい条件はまた機会があれば書いていきたいと思います。

 

ページの上部へ戻る